畳替えや床暖房を設置する~快適ライフフィーバー~

タイプを確認する

現在の主流は温水式床暖房

床暖房機器には、温水タイプ、電気タイプ、温風タイプの3種類があります。さらに、温水式と電気式は、躯体に発熱体を施工する埋設型、木造住宅などで根太間に施工する根太間施工型、改装でも簡単に敷設できる根太上施工型とに分けることができます。これまでもっとも一般的なものとなっていた温水タイプは、屋外に設置したボイラーで加熱した温水を銅管や樹脂製のパイプで室内に引き込み、それによって床を温める仕組みです。エネルギーの主流はこれまで、ガス、灯油でしたが、電気温水ボイラーも急速に増えつつあります。ボイラーの設置が必要となるため、電気式よりもイニシャルコストが高くなりますが、大面積に敷設する場合には、電気式よりもランニングコストを低く抑えることができるため、現在でも根強い人気があります。

急速に増えつつある電気タイプ

現在、急速に電気タイプの床暖房が増えてきています。この電気タイプの床暖房の多くは、通電で発熱するヒーターを熱源とするシステムとなっています。ヒーターには、電熱線のほかにも、半導体セラミックや発熱フィルムを用いたものなど、ハイテク素材を多用した製品が多数現れ、多様化してきました。温水式にくらべて薄型で軽量、施工が簡単で手軽に導入できるという点が、最大の魅力になっています。さらに、特別な熱源設備を必要としない上に、夜間電力を利用したプランやシステムを選ぶことによって、ランニングコストを抑えることも可能になってきました。このように急速な進歩をとげている電気式の床暖房が、今後ますます増えていくことが予想されます。