畳替えや床暖房を設置する~快適ライフフィーバー~

知識をつける

床暖房の必要性とその種類

住宅を購入するとなると事前に住宅について調べる必要があります。その中で住宅の設備について知ることがたくさんあるはずです。どこかで聞いたことがある用語でも正しい意味をしならなかったりすることも多く、とても勉強になるはずです。住宅の購入は高い買い物ですので、できるだけあらゆる角度から調べて、納得のいく状態で家を手に入れるようにするべきです。住宅について調べていると床暖房という言葉を見聞きすると思います。床暖房についてはその言葉の意味からも分かる通り、床に暖房が埋め込まれているものですが、それ以上詳しく知る人は意外と少ないのです。少なくとも床暖房の種類に電気やガス温水式の床暖房とヒーター式の床暖房があることを知っておきましょう。

それぞれのメリットデメリット

電気やガス温水式の場合は、床の中に温水を流すことで床を暖める仕組みです。これに対してヒーター式は床に電気を流してその電気で床を暖める仕組みです。それぞれメリットとデメリットがあります。温水式はランニングコストが安いという特徴があります。また、床に電気を流さないため、火災などが起きにくく安心して使うことができます。デメリットは床にお湯を流す仕組みが意外にお金が借ります。つまり、初期費用が高くなるのです。これに対して、ヒーター式は、初期費用が安い点に特徴があります。また施工も簡単で短時間で施工をすることが可能です。その反面、長時間使い続けると電気代が高くなってしまうというデメリットがあります。また、広範囲で使用しても温水式に比べ電気代が高くなるのです。